広島で免許を取るなら、公認自動車学校 ロイヤルドライビングスクールへ

バイクの限定解除を考える

更新日:2024年5月27日

限定解除とは、普通二輪小型限定、普通二輪AT小型限定といった、限定条件が付いた免許の限定を解除(外す)することを言います。

バイク免許の限定解除には、免許の種類と解除したい限定条件によって、幾つかの種類に分かれます。

例えば、普通二輪AT限定免許を保有している場合、AT限定を解除すると普通二輪免許になります。他にも、普通二輪小型AT限定免許を保有している場合であれば、小型限定とAT限定を解除すると普通二輪免許になります。このように、保有している免許の限定条件に応じて、細かく解除できるようになっていますので、下記の表をご確認下さい。

限定解除の種類と教習時間

バイク免許の限定解除は、7種類あります。それぞれの教習時間は、以下の通りです。

現有免許  解除内容 解除後の免許 教習時間
普通二輪
AT小型限定
AT限定 普通二輪
小型限定
4h
普通二輪
AT小型限定
AT限定及び
小型限定
普通二輪 8h
普通二輪
AT小型限定
小型限定 普通二輪
AT限定
3h
普通二輪
小型限定
小型限定 普通二輪 5h
普通二輪
小型限定
AT限定による
小型限定
普通二輪AT限定 3h
普通二輪
AT限定
AT限定 普通二輪 5h
大型二輪
AT限定
AT限定 大型二輪 8h

補足になりますが、上表にもあるように、AT限定と小型限定を同時に解除することも可能です。

限定解除を考えられている方は、これから運転したいバイクに必要な解除内容を調べてから、限定を解除しましょう。解らない場合は、自動車学校に相談することをオススメします。当校にも、限定解除に関連したお問合せが数多く寄せられています。

限定解除の方法

限定解除を行う場合は、以下の方法で行うことができます。

1.免許センターで技能審査を受ける
2.指定自動車学校を利用する

技能審査とは、技能試験と同じような形で行われる試験になります。(限定解除の場合、試験を審査と表現します)
それぞれの詳細については、下記の通りです。

免許センターで受審する場合

免許センターで技能審査を受ける場合は、事前に受審の予約を申込む必要があります。申込み方法は、各免許センター、最寄りの警察署が受付場所となっていますので、そちらでご確認下さい。

技能審査の内容は、技能試験と同じような形で行われます。審査で使用される車両は、限定解除後の車両で行われます。審査のコースは、事前に発表されているので、予め確認することができます。

指定自動車学校を利用される場合

指定自動車学校を利用して限定解除を行う場合は、以下のとおりです。

バイク免許 限定解除 教習時間

入校手続きが完了し、視力検査に合格すると、教習を開始することができます。
規定の教習時間を修了すると、技能審査(卒業検定)を受審します。技能審査に合格したら、免許センターで免許条件の変更(限定解除)を行います。

教習内容

限定解除の教習内容は、現有の免許を取得された際の教習と概ね同じ練習内容となります。
発進、停止、変速(MTの場合)、加速と減速から始まり、課題コース、コース走行の練習を行います。

バイク免許 限定解除

練習内容は、現有免許を取得された際と概ね同じですが、解除する内容によっては一部変更があります。
例えば、小型二輪免許を取得した際の卒業検定ではスラロームが行われませんでしたが、小型限定解除を行う場合の教習及び審査では、スラロームが行われます。また、急制動の速度や停止位置、一本橋の基準タイムなども変更となります。

限定解除の練習内容については、事前に免許センターや自動車学校に確認する事をお勧めします。

限定解除への挑戦

当校では、限定解除を希望される方が徐々に増えています。反面、大きな不安から断念されている方がいらっしゃいます。

限定解除の教習を断念する人の多くは、大きなバイクを運転できるのか、足が着くのか、支えられるのか、といった不安を持っています。こういった不安が出てしまうことは、当然だと思います。しかし、これまでにバイクを運転してきた経験は、限定解除の教習に確実に活かされます。特に、バランス感覚や法規走行は、役立つ部分になります。そのため、ほとんどの教習生は、教習が進むにつれて不安を解消されています。

当校では、お客様係を配置しておりますので、「足つき」「重量」など、不安な部分については、お気軽に御相談下さい。

限定解除の現状

バイクの限定解除を行う方の多くは、小型限定免許または小型AT限定免許を解除して、限定なしの普通二輪免許に切り替えています。特に、小型AT限定免許から普通二輪免許に切り替える方が多くなっています。

「小型限定の普通二輪免許を取得したけども、400㏄のバイクでツーリングに行きたい」「125㏄ではなく、150㏄のスクーターに乗りたい」「小型限定で自信がついたから、ステップアップしたい」など、今よりも大きな排気量のバイクに乗り替えたい方が増えています。

免許取得コラム

Vol.1 いきなり大型二輪免許は取得できない?

Vol.2 小型二輪のメリットとデメリット

Vol.3 バイク免許は女性には難しい?

Vol.4 バイク免許の種類

Vol.6 バイクの維持費ってどの位?

Vol.7 冬のバイクは厳しい?

Vol.8 バイクの二人乗りってどうなってるの?

Vol.9 そもそもバイク免許のメリットって何?

Vol.10 バイク免許は、どの位の期間でとれるのか?

Vol.11 バイク免許を取得する不安を解消します!

Vol.12 大学生にバイク免許を勧める理由5選

Vol.13 夏のバイク免許教習ってどうなの?

Vol.14 バイク免許はマニュアルとオートマどっちがいい?

Vol.15 バイク免許に運動神経は必要?

Vol.16 バイク免許取得後の変化とは?

Vol.17 バイク免許のステップアップってどうなの?

ページの先頭に戻る