広島で免許を取るなら、公認自動車学校 ロイヤルドライビングスクールへ

ロイヤルドローンスクール広島

ロイヤルドローンスクール広島

はじめに

ドローン免許・資格について

近年、ドローンは趣味の領域を超えて建築現場における現場管理、農業での栽培管理や農薬散布など様々な業種での使用や、災害現場での被害確認など活躍の場面が拡がっています。
よく「ドローン免許」という言葉を耳にされることが多いかと思いますが、現時点では「ドローン免許」というものは存在せず、国土交通省が認定した民間の団体が発行する資格を指すことが多いです。(※国土交通省が直接認定をしているわけではありません。)
ドローンの講習団体として、JUIDAやDJI、DPAがあり、それぞれの管理団体から認定を受けた民間のスクールが講習を行い。終了証を発行しています。

 

法律上の規制について

ドローンを飛行させる場合に、前述した「ドローン免許」が無いと法律違反になるかというと、そうではありません。
ドローンの飛行において法律上の規制がかかるのは、航空法による「飛行空域・場所などの規制」や、「飛行の方法に関する規制」、電波法による「ドローンに使われている無線電波帯」などで、それらを遵守する必要がありますので、認定スクールでそれらの知識をしっかりと習得することをおススメします。

 

ロイヤルドローンスクール広島

ロイヤルドローンスクール広島は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(通称:JUIDA)の認定を受けたスクールです。(※JUIDAは業界トップクラスの知名度と信頼を誇ります。)
自動車免許クレーン学校小型船舶免許などの総合ライセンス事業を展開するロイヤルコーポレーションが運営している為、交通安全教育のプロフェッショナルが揃っています。
単に「飛ばす」だけではなく、「安全に飛ばす」為の技術と知識をお伝えいたします。

【ご注意】
ロイヤルドローンスクール広島での講習を受講後、修了証を発行いたしますが、「無人航空機操縦技能証明証」の交付を受けるには、別途JUIDAへの申請手続きが必要です。
また、「無人航空機安全運航管理者証明証」の交付を受けるには「無人航空機操縦技能証明証」を取得し、かつ飛行業務の経験を有する方を対象とし、JUIDAが定める講習を修了後に、JUIDAへの申請手続きが必要です。

 

教習について

受講の必要性

ドローンの普及に伴い、人的ミスによる事故も増えています。
ここ日本に於いて、ドローンは改正航空法という法律を基に様々なルールがありますが、機体の購入については資格や条件が不要なので、何の知識もなく飛行させている方も多いと思われます。
それは、交通ルールを知らないまま無免許で車を運転するのと同じくとても危険な行為です。
特に飛行場所によっては数百グラムの機体であっても墜落等により二次災害などの大惨事を招きかねません。
ドローンは、ルールを守り、安全な飛行を心掛けることで、とても楽しく便利で社会貢献の可能性も秘めたツールになります。
ドローンが安全に活躍する社会に向けて、是非ともドローン講習の受講をおススメします。

 

受講のメリット

【操縦技能証明書取得】
国土交通省へ各種飛行許可申請を行う際にご自身の操縦者としての技量証明になりますので、申請書類の簡略化にもつながります。
またお仕事で使用されたい方は依頼者様への信頼度向上にもつながります。

【安全運行管理者証明書取得】
安全運行管理者とは例えば建設現場に於いての現場監督のようなものですので、前述のようにお仕事でドローンを使用される場合は大幅な信頼度の向上につながります。

 

教習機について

実技講習ではDJI社のPhantom4 Advanced(ファントム4 アドバンスド)を使用します。
品質を求められるレベルの空撮業務でも多用され高い性能を持つとても優秀な機体です。
ドローン講習機体

教習内容

ロイヤルドローンスクール広島は、料金をむやみに低く設定して、受講生=パイロットの数を世の中に増やすことではなく、「正しい知識と技術を持つパイロット」を輩出することで、より安全により便利にドローンが活躍できる社会創りに貢献することを第一の目的としております。

「とりあえずスクールで講習を受けたからもう大丈夫」と高を括った方が増えることは、ドローンを安全かつ有効に利用できる未来創りにとって逆効果でしかありません。
特に、標準2日間コース安全運行管理者コースにつきましては、JUIDA公認スクールとして教本(料金に含まれます)を基にした最新のカリキュラムだけでなく、実務経験のある講師だからこそお伝えできる内容も踏まえた講習を心掛けております。

ドローンスクール広島講習風景

 

教習コース

ロイヤルドローンスクール広島では、お客様のドローンの使用目的に応じて4つのコースをご用意しています。各コースの詳細や料金等は、下記のバナーよりご確認ください。
皆様に合ったコースを受講してください。

 

★基礎を学ぶ2日間コース
ロイヤルドローンスクール広島 標準2日間コース

 

★JUIDA操縦技能証明証を取得し、かつ飛行業務の経験を有する方を対象に、半日の座学で無人航空機の安全運航管理に関する基本知識とリスクアセスメントを習得するコース
※こちらのコースにつきましては通常の2日間コースとは別途お申し込みが必要です。
ロイヤルドローンスクール広島 安全運航管理者コース

 

★空撮プロ養成コースでは名称の通り空撮カメラマンとしてプロを目指したい方への特別講習です。
※こちらのコースにつきましては通常の2日間コースとは別途お申し込みが必要です。
ロイヤルドローンスクール広島 空撮プロ養成コース

 

★企業様向けに、調査や竣工を想定した業務に最適な講習(業務基礎)、自動航行や体験ソフトを活用し、写真測量に関する知識や解析法を学習(解析応用)するコース
ロイヤルドローンスクール広島 業務基礎・解析応用コース

 

教習日程

最新の講習予定日は下記の通りとなります。
※モバイル端末で閲覧の際に一部が表示されない場合は画面を横向きにしてご覧下さい。
実技講習の定員は最低2名~最大5名までとさせて頂きます。
お申込者が2名に満たない場合は該当日を中止する場合がございますので予めご了承下さい。
座学講習につきましては定員の上限設定はございません。

※諸事情により日程が変更する場合がございます。
※12月以降のスケジュールおよび選択授業につきましては決定次第お知らせいたします。

 

お申込み・お問合せ

ドローン講習に関することは、何でもお気軽にお問合せください。

 

ドローンの飛行許可について

たとえドローンスクールで講習を受けても、ドローンをどこでも飛行させることができるわけではありません。
飛行させる場所によって飛行許可が必要となります。
ドローンの飛行に関しては、航空法、小型無人機等飛行禁止法、道路交通法、都道府県の条例によって規制されていますので、注意が必要です。

【飛行許可が必要な場所】
・空港の周辺(航空法)
・150m以上の上空(航空法)
・人口密集地区(航空法)
・夜間の飛行(航空法)
・目視外飛行(航空法)
・人や建物と30m未満(航空法)
・イベント会場上空(航空法)
・危険物の輸送(航空法)
・物件投下の禁止(航空法)
・国の重要な施設、外国公館、原子力事業所等の周辺(小型無人機等飛行禁止法)
・私有地(鉄道、線路、神社仏閣、観光地含む)の上空(民法)
・道路の上空(道路交通法)
・条例による飛行禁止空域

また、米軍施設の上空でドローンなどを飛行させる行為も、重大事故につながるおそれのある大変危険な行為である為、やめましょう。
こうした行為により、航空機の安全な航行を妨害したとき等には、法令違反に当たる場合があります。

飛行許可申請先

前述の飛行許可が必要な場所において、航空法で規制がされている場所に該当する場合は、事前に国土交通省に申請をして許可や承認が必要です。

【申請先】
東京航空局
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-1-15 九段第2合同庁舎
東京航空局保安部運用課 無人航空機審査担当
FAX:03-5216-5571

大阪航空局
〒540-8559 大阪府大阪市中央区大手前4-1-76
大阪合同庁舎第4号館大阪航空局保安部運用課 無人航空機審査担当
FAX:06-6920-4041

 

ページの先頭に戻る