大型自動車免許の取り方

大型免許 取り方

大型自動車免許の取り方は、大きく分けて2つです。
1. 免許センター(運転免許試験場)で直接受験
2. 指定自動車学校を利用
上記の2種類があります。

免許センターで直接受験される場合は、適性試験(視力検査など)と場内試験に合格すると仮免許証が交付されます。仮免許取得後は、予め規定されている路上練習時間を行い、技能試験を合格されると免許証が交付されます。

指定自動車学校を利用される場合、「通学される方」と「合宿を利用される方」がいらっしゃいます。又、現有免許が中型8t限定、準中型5t限定など細分化されており、現有免許証によって教習時間が異なります。そのため、大型免許を取得するまでの期間が正確に把握できないため、免許取得に踏み切れない方もいらっしゃると思います。

ここでは、そういった教習時間に加えて、取得条件、操作範囲、取得期間、教習課題など大型免許を取得するまでの様々な情報について解説しております。

大型免許の取得条件

大型自動車免許を取得するためには、以下の条件を満たす必要(特例教習を除く)があります

年齢:21歳以上
経験:普通、準中型、中型、大型特殊のいずれかの免許を取得して3年以上経過(免許停止期間を除く)
視力:片眼0.5以上、両眼0.8以上、深視力の平均誤差が2㎝以内(眼鏡、コンタクト可)
色別:赤、青、黄の色別が行える
聴力:10mの距離で90dbの警音器が聞こえる(補聴器可)

受験資格特例教習

大型免許を取得するためには、年齢及び免許経験年数(普通車以上)の条件を満たす必要があります。しかし、受験資格特例教習を修了された方は、その年齢、免許経験年数を引き下げる事ができます。

運転できる自動車

大型免許を取得されると、以下の自動車が運転できるようになります。

項目 条件
車両総重量 11,000㎏以上
最大積載量 6,500㎏以上
乗車定員 30人以上

大型自動車は上記条件に該当する、バス、トラック、ダンプ、タンクローリーなどになります。これらを一般道路で運転する場合、大型免許(大型第一種免許)が必要となります。しかし、旅客運送を業務で行う場合は、大型二種免許(大型第二種免許)が必要となります。

大型免許を取得されると、原付、小型特殊、普通車、準中型車、中型車、大型車が運転できるようになります。

教習車

大型自動車免許 取り方

当校で使用する車両のサイズになります。
現行の法律では、大型自動車の最高全長は12m未満です。多くの自動車学校では、全長11mの車両を使用されていますが、当校では全長約12mの車両(フルスペック車両)を使用しています。これは、免許取得後に車両を安全に取り扱って頂くため、加えて企業様などで即戦力として働いて頂くためです。

教習の段階から、全長約12mの車両で経験を積むことで、運転技術の向上及び長さに対する注意配分など、安全に対する意識も向上します。

教習時間

教習時間は、現有免許によって異なります

現有免許 教習時間 最短
卒業日数
中型車MT 14H 7日間
中型8t
限定MT
20H 9日間
準中型5t
限定MT
26H 12日間
準中型 23H 12日間
普通車MT 30H 13日間

※上記教習時間は、基準技能教習時間となります。
※準中型5t限定免許、普通車免許保有の方は、上記教習時間に加えて学科教習が1Hプラスされます
※最短卒業日数は、無補修で技能検定を1回で合格された場合です

教習の流れ

中型免許保有の方

大型免許 教習時間 中型免許あり
教習時間:技能教習14H

中型8t限定免許保有の方

大型免許 教習時間 中型8t限定免許あり
教習時間:技能教習20H

準中型5t限定免許保有の方

大型免許 教習時間 準中型5t限定免許あり
教習時間:技能教習26H 学科教習1H

準中型免許保有の方

大型免許 教習時間 準中型免許あり
教習時間:技能教習23H

普通車(MT)免許保有の方

大型免許 教習時間 普通車免許あり
教習時間:技能教習30H 学科教習1H

上記の流れに沿って教習を進めて頂きます。最近では、合宿で大型免許を取得される方が増加しております。
当校では、御卒業までのスケジューリングを行うため、多くのお客様からご好評いただいております。

補助金・助成金の利用

大型免許取得時に、人材開発助成金、教育訓練給付金を利用できる場合があります。

大型自動車の教習内容

大型自動車免許の教習内容については、以下の通りになります。

1段階

1段階は場内で実施となり、基本操作を身に着ける時間となります。
大型自動車免許の教習では、普通車免許と同様に仮免許が必要になります。
仮免許を取得するためには、第一段階で必要な最低教習時限を履修した後に、修了検定(技能)を受検します。修了検定に合格後、視力検査等の適性検査に合格されると仮免許が交付されます、仮免許証を交付されると、第二段階に進みます。

教習開始当初の内容は、内外周にて車体の感覚及び操作感覚を掴む事が主体となります。その後、右左折を行い徐々に内容を内容を高度化します。

曲線狭路コース(S字コース)

普通免許の教習などでも実施される課題ですが、大型免許の教習ではポールが追加されます。これにより、内輪差を意識した走行位置の取り方、車体と立体障害物との間隔をミラー、目視で把握する能力を養います。

大型免許 S字の通過
大型免許 曲線狭路コース

攻略のPoint

①車体の左前部(特にアンダーミラー)に意識を向ける。ドアミラーを使用して後輪と縁石の間隔、アンダーミラーを使用して、左前部(左前輪)と縁石及びポールとの間隔を確認しながら進行しましょう。普通車の幅より約1m広いので感覚に頼らずに、直接見ることが大事です。

②右前車輪は運転座席のほぼ真下付近(左前車輪は助手席の真下付近)にあります。普通車と同じように、自分の体より前にあると感じている場合、ハンドルの回し始めが適切な時機よりも早くなるため、脱輪(後輪)の原因となります。

動画で確認

路端における停車及び発進

この課題では、大型車や中型車に多く見られる「リヤオーバーハング(振り出し現象)」を、理解した運転が行えるようになる事が目的となります。大型車などでは、路端からの発進、右左折など車体を曲げる際に車体後部が外側へはみ出して(振り出して)しまいます。これにより、工作物への接触、信号待ちの歩行者等と接触する場合があります。そういった事故を起こさないためにも、リヤオーバーハングに注意しながら、ハンドルを操作する習慣が必要になります。
当校の教習車両の場合、停止状態から一杯にハンドルを回して発進すると、車体後部が約1mに振り出します。

実施手順

①コースの左端に引かれた白線を車輪が踏まないように、停止目標(ポール)と車体の先端(バンパー)を一致させて停止します。
※停止する際、白線から前後輪上の車体が30㎝未満の間隔になるように接近してください。
②停止目標で停止後に「完了」の意思表示(申告)を行
います。

③車体左前側(ミラー)と車体前方の立体障害物(ポール)の接触に注意しながら、ハンドルの回しすぎによるリヤオーバーハングに注意しながら発進してください。

攻略のPoint

発進時は、リヤオーバーハングの意識が高くなりすぎて、左ドアミラーと前方の立体障害物(ポール)が接触する場合があります。発進と同時にハンドルを右に回して、前方の立体障害遺物との距離を確保しながら、後半はハンドルを戻しながら進むと接触のリスクは抑えられます。

あい路への進入

この課題では、大型車で右左折先の車両通行帯(車線)、狭い道路へ適切な誘導を行える技術を身に着ける事が目的となります。

大型免許 あい路への進入

大型車での「あい路への進入」は、右折進入と左折進入の2種類があります。修了検定は左折または右折、どちらか1回の実施となります。

実施手順

①走行線を踏まないように、車輪を近づけます。この時、走行線を車輪が踏むと検定では中止行為となります。
②右(左)折先に引いてある、線の間(指定範囲)へ車体を納めるように進行します。

大型免許 あい路への進入方法

③線の間(指定範囲)に、車体がはみ出ないように納める事ができれば完了です。(切り返し可)

大型免許 あい路への進入

指定の範囲内に納めた後に「完了」の申告をしてください。
※最初のうちは指定範囲内に1回で納める事は困難です。切り返しなどを行いながら、適切な誘導方法を身に着けるようにします。切り返しは3回以内の範囲で行います。1回の切り返しまでは検定での減点はありません。

2段階

2段階の教習では、主に路上教習を主体となります。第1段階で身につけた、基本操作を用いて応用的な操作及び走行を身に着けていただきます。又、縦列駐車、方向変換といった後退課題は、場内で行います。
全ての教習を履修が修了された方は、卒業検定を受検します。

方向変換

方向変換は、向きを変える事を目的として行います。加えて、安全に後退するための安全確認の方法及び車体の誘導方法を身に着けていただきます。

大型免許 方向変換

攻略Point

①進入時は、外輪差分の間隔を空けるようにします。(約2m)

②ハンドルを回す際は、角を狙うのではなく曲がり角の奥へ奥へ後輪が入るように回します。その際、前輪と縁石の間隔にも注意しましょう。

③スペースの中央に車体を付けていれば、スムーズに脱出する事ができます。

④スペースから脱出する際は、外側となる前輪を、外側の縁石に着けるようにアンダーミラーを使って調整して脱出します。

縦列駐車

方向変換とは違い、駐車が目的となります。加えて、全体的な後退時の動き及びそれに応じた操作を身に着けていただきます。

大型免許 縦列駐車

攻略Point

①車体とポールとの間に約1mの間隔を空けます。

②後輪が駐車スペースに差し掛かったタイミングでハンドルを回します。

③車体の左側面と駐車スペースの角を揃えるようにします。

④車体の左前が駐車スペースに差し掛かったタイミング(右後輪がポールの延長線上)でハンドルを操作します。

仮申し込みなど

仮申込み、資料請求、お問合せはコチラから

合宿、中型免許などの情報はコチラから

その他、ロイヤルの詳しい説明はコチラ

ロイヤルドライビングスクールをもっと知ってほしい
Pagetop