働く即戦力! 準中型免許とは


2tトラック|ロイヤルドライビングスクール福山

準中型免許は平成29年3月から新設された免許です。
令和2年現在、トラックの免許は細かく分けられ「普通」、「準中型」、「中型」、「大型」となっております。
大型、中型、準中型の各免許で乗れるトラックのサイズについてまとめてみました

詳しくはコチラ

運転できるサイズ

 

 

 

なぜ準中型免許が新設されたのか?

普通免許と中型免許の間にできた「準中型免許」
準中型免許は、普通免許では乗れない部分を補うことができ、中型免許よりワンサイズ小さめの乗り物を運転できる立ち位置の免許と言えます。
若い世代の人(特に18歳から20歳の人)の労働力確保(貨物輸送力の確保)と貨物自動車の事故防止を目的に平成29年3月から準中型免許が新設されました。
18歳で働く若いパワーに役立つ準中型免許!
ロイヤルドライビングスクール福山校は、皆さんの働く力の育成に大きく貢献します。

配送員|ロイヤルドライビングスクール福山

準中型免許の最大の特徴は18歳以上であれば免許経験に関係なく取得できることです。
準中型免許の登場で宅配便やコンビニの配送、建築土木の資材運びなど、幅広く使用されているトラックを
若い世代も運転できるようになるため仕事の幅が広がります。
そんな働く人のためにある準中型免許について、さらに詳しく解説していきます。

入校資格

 

準中型免許のことについてのお問い合わせフォームはコチラ

入校申込み

資料請求

 

その他、ロイヤルの詳しい説明はコチラ

ロイヤルをもっと知ってほしい

Pagetop