けん引免許


けん引免許

けん引免許は、トラックドライバーの方の多くが憧れを抱く免許という声を耳にします。
しかしながら、免許の取り方や免許の法的位置づけはあまり知らていないことが多いようです。
近年では全長が20mを超える車両も多くあり、物流を支える大きな役割を担っています。
このページでは、少しでもけん引免許のことを知ってもらい、そして興味を持っていただけたらと思い作成しました。
ぜひ、最後までご覧いただけたら幸いです。

 

 

 

けん引免許が必要なケース

けん引免許とは、簡単に言うと「自動車の後ろに750kgを超えるトレーラー(被けん引車)を1本のピンで連結して、
それを引っ張りながら運転するため」に必要な免許です。
仕事で使われることがほとんどですが、趣味的なものの中ではキャンピングトレーラーや、
小さなボートを移動するためにけん引免許を取得される方もいます。

けん引免許が必要なケース

故障車をロープでけん引する場合や被けん引車の総重量が750kg以下の場合には、けん引免許は必要ありません。
注意点として、そのトレーラー(被けん引車)をけん引する車両の免許も必要になることを忘れないでください。
道路を走行するトレーラー(被けん引車)をけん引するトレーラーヘッド(けん引車)は大型の免許が必要となるケースがほとんどです。
ご自身がお仕事等で運転される予定の車両には何の免許が必要となるかは、事前に調べておく必要があります。

けん引免許が必要なケース

 

お問い合わせ、資料請求はこちら

入校申込み

資料請求

 

けん引免許の入校資格と必要な持ち物はコチラ

けん引免許の入校資格

 

合宿免許でけん引をお考えの方はコチラ

合宿免許について

Pagetop