中型車

中型車 定義

中型車とは

中型車は、都市部の配送業務、マイクロバスでの送迎業務など、使用用途が拡大している車両になります。又、建設業では資材、小型の重機の運搬に使用されています。

中型車の定義

中型車は、2004年の道交法一部改正によって中型免許が創設されました。それに伴い、新たな区分として設けられ、2007年6月2日に施行しています。

中型車とは、以下の条件に全て該当する車両になります。

項目 条件
車両総重量 7.5t以上11t未満
最大積載量 4.5t以上6.5t未満
乗車定員 11人以上29人以下

車両総重量などに関しては、自動車検査証に記載されていますので確認してみましょう。

車検証

中型自動車 車検証
表記 条件
乗車定員 車検証に記載されている乗車できる員数
最大積載量 積める荷物の最大の重さ
車両重量 走行できる状態の重さ
車両総重量 車両重量+乗車定員×55㎏+最大積載量

トラックメーカーは、車両総重量が設定された重量以下となるように車両重量、積載量を設計されています。

中型車の活躍

中型車は、仕事で利用されるケースが大半です。

運送業界では、大型車が主力車種になります。しかし、運搬する商品、地域によっては中型車の方が有利な場合もあります。例えば、食品、建設資材の配送業務では、中型車(トラック)が用いられる事が多くなっており、塾、スクールバスでは、マイクロバスの利用が増えています。

更には、マイクロバス、ゴミ収集車、消防車なども中型車が使用されています。

送迎車の場合

両車とも、当校の送迎バスになりますが乗車定員に違いがあります。

左は、乗車定員が10名。右は乗車定員が14名になります。この場合、左は普通車免許で運転可能ですが、右は中型免許が必要になります。普通車免許しか保有されていない方が、右の送迎バスを運転した場合は、免許外運転となります。外見だけで判断しないように注意しましょう。

※乗車定員11人以上29人以下の中型車を運転する場合は、中型免許(限定なし)が必要になります。
※旅客運送を目的とする場合は、二種免許が必要になります。

教習車

中型車

中型免許を取得される際に使用されるる中型車のサイズは、上図の通りです。

一般的に利用される中型車と大きな違いがないため、免許取得直後から運転業務に就かれる場合であっても違和感は少ないと思われます。但し、教習車は平積み型を使用するため、業務でコンテナ型を使用される方は、後方の見え方と車体の高さに注意しましょう。

中型免許の取り方

入校資格

年齢
20歳以上 普通車以上の免許経験が通算して2年以上 また、2年3ヵ月以上経過していない方は、運転記録証明を提出して頂く必要がございます。(特例教習を修了された方を除く)
視力
両眼で0.8以上かつ片眼0.5以上の方。深視力の差が2㎝以内。
※眼鏡・コンタクト使用可
色別
赤・青・黄の区別ができる方。
聴力
10mの距離で、90dbの警音器が聞こえる事(補聴器により補われた聴力を含む)
交通違反
違反のある方は事前に、「安全運転センター」に免許取得が可能であるかをご確認下さい
身体障害
軽度の障害は入校できますが、予備適性審査を必要とします。
 

入校に必要なもの

  • 申込書
  • 免許証(免許証に登録してある8桁の暗証番号が記載してあるICレシート。ICレシートをお持ちでない方は、本籍地記載の住民票が必要です。)
  • 印鑑
  • 写真(3㎝×2.4㎝)4枚※写真は当校でも撮れます
  • 振込用紙の領収書or教習料
  • 筆記用具
  • 入校当日から乗車を開始される方は、靴(クロックス、サンダル、げた、ハイヒールでの教習は不可)

Pagetop