広島で免許を取るなら、公認自動車学校 ロイヤルドライビングスクールへ

小型自動二輪とは

小型自動二輪とは?

現在、大人気の小型自動二輪ですが、細部まで知られていないため、自動車学校に入校された後で、”二人乗り” ”自動車専用道路の通行” などについて、「思っていたのと違う!」という事もあります。そういった事が無いように、小型自動二輪と小型二輪免許についてご紹介させて頂きます。

普通自動二輪との違い

小型自動二輪の正式な名前は、普通自動二輪小型限定(以下、小型自動二輪)となります。

”小型限定”と名がつくように、普通二輪の中でも排気量が限定され、総排気量が50㏄を超えて125㏄以下の二輪車が小型限定となります。運転するためには小型二輪免許が必要となり、免許を取得すると総排気量51㏄~125㏄以下の二輪車を運転できるようになります。125㏄を超える二輪車を運転したい方は、普通自動二輪、大型自動二輪の免許を取得する事が必要です。

小型自動二輪にもATとMTがあり、小型自動二輪AT限定免許を取得されると、(厳密にいうと「普通自動二輪小型AT限定免許」となり)、小型二輪のAT車のみ運転できるようになります。ここまでくると、難しくなると思いますので、下の表をご覧ください。

免許の種類 運転できる車両
普通自動二輪 50㏄を超えて400㏄
以下の二輪
普通自動二輪AT限定 50㏄を超えて400㏄
以下のAT二輪
普通自動二輪小型限定 50㏄を超えて125㏄
以下の二輪
普通自動二輪小型AT限定 50㏄を超えて125㏄
以下のAT二輪

免許取得後に運転したい車両の排気量、クラッチの有無を調べて免許を取得される事をお勧めします。

小型二輪免許を取得した後でも、125㏄を超えるバイクやMTのバイクを運転したい場合は、小型限定やAT限定を解除する事で運転できるようになります。

ATとMT違い

小型自動二輪にも、ATとMTがあります。ATとは、クラッチの操作が不要の二輪車。MTとは、クラッチの操作が必要な二輪車になります。

小型二輪 AT比較

左 小型自動二輪AT アドレス125V 教習車   右 小型自動二輪 CB125F 教習車

ATは、スクータータイプが主流です。MTは、ネイキッドタイプが主流です。街中でよく見かられるのは、ATの方が多いと思います。ATは、シートの下に荷物を入れるスペースもあり車体も軽いので人気が高いようです。当校の場合、小型二輪免許に限れば80%以上の方がAT限定免許を取得されています。

MTは、以前と比べて格好が良くなりました。デザインが変更された事により、人気が出ています。

ATとMTの大きな違いは、クラッチ操作の有無ですが、その他に違いはあるのでしょうか?

主要な違い

主な部分を比べてみました。

  アドレス(AT) CB125F(MT)
重量 95Kg 131Kg
全長 1750㎜ 2035㎜
全幅 670mm 765mm
全高 1030mm 1080mm

※教習車での比較となります

全体的にATの方が、一回り小さく軽くなっています。実際に取り回し(車体を押して歩く)を、行う場合はATの方が容易に行う事ができます。更にATは、車体も軽いので引き起こしもスムーズに行う事ができます。小型二輪免許の人気がATに集中する理由の1つでもあります。

では、足つきはどうでしょうか?

★足つき

※指導員の身長は、161㎝です。

横から見た場合は、足つきの違いは分かりにくいですが、膝の曲がり具合を見たときにATの方がMTより曲がっています。後方から見た場合は、MTはつま先で支えている状態となっています。足つきに関しては、AT車の方が良いと言えます。

足つきは、発進・停止時のバランスに影響を及ぼす事があります。また、心理面にも影響を与えるため、確実に足が地面に着く車両がオススメです。

メリット・デメリット

小型二輪AT限定と小型二輪のメリット・デメリットを比較してみました。
※個人差があります

AT
メリット  デメリット
車体が軽い 楽しさが少ない
足つきが良い 低速時は不安定
荷物が入る バランスを崩しやすい
MT
メリット  デメリット
楽しさがある 荷物が入らない
安定性が高い 足つきが良くない
バランスを取りやすい 車体が重い

MTは、クラッチの操作が必要になりますが、操作している楽しさがあります。また、車体がATに比べて重いため安定感がありますが、取り回しが少し難しい側面があります。バランスについても、ニーグリップ(タンクを膝で挟む)を、行うことでバランスを取りやすくなります。

一方、荷物を入れるスペースがあり、ATは足つきも良く、車体が軽いため取り回しを容易に行う事ができます。しかし、車体が軽いため低速走行時は不安定になりやすく、ニーグリップが行えないためバランスを崩しやすい側面もあります。また、操作をしている感覚があまり無いため、MTに比べると運転の楽しさが少ないと思います。

「通勤だけで使いたい」とい方は、殆どの方がATを運転されています。「通勤でも使うけど、運転を楽しみたい」「格好が良いから」という理由からMTを運転されている方もいらっしゃいます。

小型二輪免許を取得される場合は、目的と将来性を考えて、免許の種類を検討されてみては如何でしょうか?

教習時間

小型二輪免許の教習時間は、現有免許証及び車種(AT限定、MT)によって異なります。

AT限定

MT

教習時間の詳細は👆

小型自動二輪の注意点

小型自動二輪は、125㏄以下のため通行できない道路が存在します。それは、高速道路です。高速道路は、”高速自動車国道” と ”自動車専用道路” の2つに分かれます。高速自動車国道とは、自動車の高速走行のために作られた、全国の主要都市を結ぶ重要な道路です。自動車専用道路とは、市街地やその周辺の地域の交通を円滑にするために、自動車のみ通行できる道路です。小型自動二輪は、高速自動車国道と自動車専用を通行することができません。小型二輪免許を取得される場合は、使用するルートもよく考えて取得される方が良いと思われます。

二人乗りに関しては、免許取得後1年間は二人乗りをする事ができません。免許を取得してすぐに「子供の送り迎えを小型二輪で!」という方もいらっしゃると思いますが、1年間はできないのでご注意下さい。また、1年を経過した後でも車両の構造上(同乗者のステップ、シート等)二人乗りが出来ない車両は、二人乗りができません。購入される前に、お店の方によく聞いて購入を検討される事をお勧めします。

150㏄

実は、125㏄の小型自動二輪の上に150㏄の普通自動二輪があります。150㏄なので高速道路を通行する事ができます。車体の大きさも125㏄と比べても大きすぎる事はないため、人気があります。但し、150㏄は普通自動二輪(小型限定ではない)となるため、普通自動二輪の免許が必要となります。

ロイヤル

ロイヤルドライビングスクール広島は、昭和60年(1985年)広島県初の二輪専門校としてスタートしました。二輪教習に限れば県内でも長い歴史を持つ自動車学校となります。この長い歴史の中で培ってきたノウハウは、現在の指導員にも脈々と受け継がれています。それもあり、これまでにご卒業頂いた多数のお客様から、ご好評頂いております。しかし、全てのお客様にご満足して頂いているわけではございません。私共は、顧客満足度№1となれるように、教習方法、話術等を指導員の間で日々、研究しております。

安全に運転して頂くために

二輪は、危険な乗り物です。それは、昔に比べて車両が高性能となった現在でも変わりありません。では、その危険な二輪車をどのようにすれば、安全に運転できるのか?安全に運転するためには、何が必要であるのか?私共は、真剣に考えて参りました。その1つが ”心” です。「安全に運転しよう」「注意して運転しよう」そういった運転者の気持ちが安全に運転して頂く重要なポイントであると考えております。「この道具は危険だから注意して扱って」「この作業は危ないから注意して行うように」と、言われると殆どの方は注意するのではないでしょうか?しかし、「どのように注意すれば良いのか?」「何に注意すれば良いのか?」を”方法”として具体的にしなければ、注意しようと思っても注意する事はできません。当校では、”心” と ”方法” の両面に重点を置いて教習をさせて頂いております。

小型二輪免許は、その手軽さから取得者が増加しています。その反面、危険なすり抜け、追い越し等を見かける事があると思います。「先を急いでいる」「早く行きたい」という心理がそういった運転行動を取らせていると感じます。事故を起こさない、遭わないためには「ゆとり」が必要です。心に「ゆとり」をもち、時間、判断に「ゆとり」を持たせましょう。

料金・お申込み

価格はコチラ👆
バイク免許Q&A
バイク免許Q&A
バイク免許を取ろう
大人気!バイク免許を取ろう!

資料請求 ドライビングスクール広島 普通自動車免許 免許 普通免許 学割 ドライビングスクール広島 普通自動車免許 自動車免許 ロイヤルコーポレーション 申込 ロイヤルドライビングスクール広島 お問い合せ

ページの先頭に戻る