広島で免許を取るなら、公認自動車学校 ロイヤルドライビングスクールへ

普通自動二輪

普通二輪免許

更新日:2023年8月9日

普通自動二輪とは?

「普通自動二輪」とは、バイクの総排気量が50㏄を超え400㏄以下のバイクを指します(以下、普通二輪)。現在、販売されている普通二輪は、90㏄、125㏄、150㏄、250㏄、400㏄と、幅広くラインナップされおり、車種に関しても、ネイキッド、レーサー、オフロード、スクーターなど豊富に取り揃えられています。

普通二輪を運転するためには、普通二輪免許が必要です。普通二輪免許は、AT限定、小型限定 が創設されるなど、普通二輪免許の中でも細分化が実施されました。これにより「どの免許を取得したら、何が運転できるのか?」「乗りたいバイクはあるが、どの免許を取得すれば良いのか解らない」など、免許取得前に疑問が生じている方が多くいらっしゃるようです。

また、普通二輪に関する「重量」「足つき」などの問い合わせが増えています。

普通二輪のタイプ

普通二輪の代表的なタイプを紹介します。

ネイキッド

ネイキッドは、バイクの中でもスタンダードなデザインと言えます。ネイキッドとは「むき出し」という意味であり、バイクであれば「エンジンがむき出し」になっていることから、そう呼ばれています。

自然な運転姿勢が取れる上、ハンドルの取り付け位置など操作性を重視しているので、初めての方でも非常に乗りやすくなっています。

レーサー

最近では、スーパースポーツとカテゴライズされているタイプです。スポーティーなデザイン性の高さから、若者を中心に人気を集めています。以前は、前傾姿勢となるため運転には、慣れが必要でした。しかし、近年では運転しやすいデザインとなっています。

アメリカン

音、大きさ、デザイン、何処を切り取っても存在感の塊なのでがアメリカンです。ゆったりとバイクを楽しみたい方に好まれています。長時間の運転でも疲れにくいのが特徴です。

ウインカーの出し方、チェンジの方法が他のタイプと異なる場合があるため、購入前に細かい所までチェックしておくことが重要です。

オフロード

オフロードは、重心が高く、低速時もバランスが取りやすいのが特徴です。山道、林道などの悪路走行を楽しみ方が購入されています。

小型限定

普通二輪の中に小型限定(以下、小型二輪)があります。小型二輪とは、エンジンの総排気量が50㏄を超えて125㏄以下の二輪車になります。運転するためには、普通二輪免許、若しくは、普通二輪小型限定免許が必要になります。

小型二輪の詳細はコチラ

普通二輪小型限定免許を取得後に、排気量125㏄を超える普通二輪を運転されたい場合は、小型限定を解除されると運転できるようになります。

普通二輪の特徴

普通二輪の車両的な特徴は、以下のようになります。

  • 比較的、車体が軽い
  • 足が届きやすい
  • 取扱いがしやすい
  • 安定感がある

上記のような特徴から、若い方から女性の方を中心に、免許取得希望者が増加しています。特に、技術革新によって車体が軽くなっており、これまでのバイクと比較して運転しやすいことから、バイクを購入される方が増えています。

普通二輪のメリット

普通車と比較した場合、様々な面で金銭的メリットが生まれます。例えば、維持費や税金などが安くなる上、燃費が良く、高速道路の通行料が安いなど、お財布に優しくなっています。

性能面では、バイク本体の性能が向上したことで、車重が軽くなり、パワーのある車両が増えています。一昔前は、高速道路での走行において、脆弱な所もありましたが、現在の車両であれば余裕のある安定した走行が可能となりました。

法令面では、普通二輪は高速自動車国道、自動車専用道路(以下、高速道路)を通行可能です(小型二輪では高速道路の通行は不可となります)。高速道路を通行できるので、ロングツーリングに出かけやすいだけでなく、条件を満たせば高速道路で二人乗りが可能となったため、活躍する場面が増えています。更には、安定感も向上しており、長距離運転では、小型二輪に比べて疲労が少なくなります。

ツーリングに出かけよう

ツーリング 二輪免許
ツーリング 免許

バイクの免許を取得したら、一度は行ってみたいのが「ツーリング」です。
ツーリングの醍醐味は、非日常的な時間を過ごせる所が魅力の1です。広島県は「しまなみ海道」「とびしま街道」「宮島」「尾道」など、全国的にも有名なツーリングスポットを多く抱えています。普通二輪免許を取得したら、まずは県内でツーリングを楽しんでは如何でしょうか?

普通二輪には、普通車と違って「乗ってみたい!」「友人や仲間がバイクに乗る姿を見て決心した」といった「夢」 や 「希望」が購入動機になるケースをよく見かけます。実際に、ご入校される方も女性の方、40代後半~50代後半の方が増加中です。人生の新しい楽しみとして、普通二輪が注目されています。


最近では、燃料代の高騰や三密を避けて、二輪車での通勤を希望して免許を取得される方が多くなっています。通勤で利用する場合は、交通事故に注意が必要です。普通二輪で通勤される場合、時間に追われて「無理な追い越し」「すり抜け」など、危険な行為を目にする事があります。時間に追われず、ゆとりある運転を心がける事も大切です。

ロイヤル広島

ロイヤルドライビングスクール広島は、昭和60年(1985年)広島県初の二輪免許専門校としてスタートしました。二輪教習に限れば県内でも長い歴史を持つ自動車学校となります。この長い歴史の中で培ってきたノウハウは、現在の指導員にも脈々と受け継がれています。それもあり、これまでにご卒業頂いた多数のお客様から、ご好評頂いております。しかし、全てのお客様にご満足して頂いているわけではございません。私共は、顧客満足度№1となれるように、教習方法、話術等を指導員間で日々、研究しております。

安全に運転して頂くために

普通二輪は、危険な乗り物です。それは、昔に比べて車両が高性能となった現在でも変わりありません。では、その危険な二輪車をどのようにすれば、安全に運転できるのか、安全に運転するためには、何が必要であるのか、私共は、真剣に考えて参りました。その結論が ”心” です。「安全に運転しよう」 「注意して運転しよう」 そういった運転者の気持ちが安全に運転して頂く重要なポイントであると考えております。「この道具は危険だから注意して扱って」 「この作業は危ないから注意して行うように」と、言われると殆どの方は注意するのではないでしょうか?しかし、「どのように注意すればいいのか?」 「何に注意すればいいのか?」 これらの ”ポイント” 具体的でなければ意味がありません。当校では、”心” と ”ポイント” の両面を教習では重点を置いて教習をさせて頂いております。

ページの先頭に戻る