広島で免許を取るなら、公認自動車学校 ロイヤルドライビングスクールへ

普通自動二輪とは?

普通自動二輪とは、総排気量が50㏄を超え400㏄以下の二輪車の事を言います。一昔前は、中免と言われていました。

小型自動二輪とは、総排気量が50㏄を超え125㏄以下の二輪車の事を言います。正式な名称は、普通自動二輪小型限定と言います。

最近は、普通自動二輪AT限定免許も創設され細かく分類されるようになりました。

では、免許の区分はどうなっているのでしょう?

 

〇免許区分

免許区分は以下のようになります。

表のように細かく分類された事で、若干複雑化していますが、AT限定と付く免許を取得された場合、マニュアル(以下、MT)の二輪車は運転できないという事になります。小型限定と付く免許を取得された場合、125㏄を超える二輪車は運転する事ができません。

細分化により選択肢が増えたので、「自分にとって必要な免許を取得すればいい」という利点が生まれました。ただ、「どの免許を取得しよう?」といった悩みも生まれています。実際に悩まれている方は、少なくありません。

そこで、教習を受けられている方に伺ってみました。

 

〇免許取得の理由とは?

このようになりました。”趣味” と ”実用” の2つに絞られます。どの免許を取得されるかは、免許取得後の目的によって決められているようです。しかし、「小型限定でいいんだけど、どうせなら大きい方が良いと思って」 「AT限定でもいいんだけど、取るならMTを取得した方が両方運転できるから」といったように、”折角免許を取得するのだから色々運転できた方が良い” とお考えの方もいらっしゃいました。

まずは、免許を取得する目的を明確にして頂き、将来性の事も考えて決められては如何でしょうか?ただ、ここで1点だけ注意すべき所があります。最近よく見かけるAT限定小型二輪ですが、高速道路は通行できません。高速道路は、”高速自動車国道” と ”自動車専用道路” の2つに分かれます。広島市であれば、山陽道や中国道は高速自動車国道となります。広島高速、西広島バイパス、クレアライン等は自動車専用道路になります。例えば、通勤で西広島バイパスを通行したいと思っても小型限定二輪では、通行する事ができません。

免許を取得される場合は、通行するルートも考えて決められた方が良いと思われます。

 

〇重さは?足つきは?

女性の方で心配されているのが、二輪車の車重や足つきです。

MT 足つき 後方

AT 足つき 後方 側方

上がMTの普通自動二輪(CB400) 下がAT限定普通自動二輪(シルバーウイング400)になります。指導員の身長は、161cmとなります。

横から見た感じでは、両車とも足が地面に着地しています。しかし、後方から見るとATの方がつま先立ちとなっています。写真で比べてみると、MTの方が足つきは良いと言えます。

では、重量はどうでしょうか?

重量は、MTの方がATより52㎏軽くなっています。長さ、幅を比較した場合ややマニュアルの方が小さくなっています。小さい方が取り回し(車体を押して歩く)が行いやすいく車体を起こす場合も、MTの方が軽い分だけ起こしやすくなっています。

 

〇ATとMTの違い

ATとMTの特徴的な部分を比較してみました。

※表については、MTとATを比較した場合になります。車両によっては、変わる場合もございます。

※高速安定性、低速安定性は個人差によって変わる事もあります。ただ、概ね表の通りになる傾向が強いです。

操作については、MTの方がクラッチ操作が必要なためATに比べて複雑になります。但し、操作に慣れると気にならない方が殆どです。

二輪車は、低速走行(渋滞等)が難しいと言われています。それは、速度が若干でも速い方がバランスを取りやすくなるからです。(自転車で想像して頂けると解りやすいと思います)低速走行を行う場合、MTではクラッチ、ATではアクセルを使用します。その際、クラッチを使用した方が微妙な速度の調節は行いやすくなります。アクセルを使用した場合は、時機や量の加減が重要となります。

体の固定とは、二輪車を運転する時の基本姿勢として、手や腕など上半身の力が抜けている方が乗りやすく(安定しやすい)疲れにくいとされています。上半身の力を抜くためには、下半身で体を固定する必要があります。方法ですがMTは、ニーグリップと言って膝でタンクを締めて体を固定します。ATは、膝の位置にタンクが無いため腰をバックレストに押し当てて体を固定します。

 

〇ロイヤル広島

ロイヤルドライビングスクール広島は、昭和60年(1985年)広島県初の二輪専門校としてスタートしました。二輪教習に限れば県内でも長い歴史を持つ自動車学校となります。この長い歴史の中で培ってきたノウハウは、現在の指導員にも脈々と受け継がれています。それもあり、これまでにご卒業頂いた多数のお客様から、ご好評頂いております。しかし、全てのお客様にご満足して頂いているわけではございません。私共は、顧客満足度№1となれるように、教習方法、話術等を指導員間で日々、研究しております。

 

〇安全に運転して頂くために

二輪は、危険な乗り物です。それは、昔に比べて車両が高性能となった現在でも変わりありません。では、その危険な二輪車をどのようにすれば、安全に運転できるのか?安全に運転するためには、何が必要であるのか?私共は、真剣に考えて参りました。その1つが ”心” です。「安全に運転しよう」 「注意して運転しよう」 そういった運転者の気持ちが安全に運転して頂く重要なポイントであると考えております。「この道具は危険だから注意して扱って」 「この作業は危ないから注意して行うように」と、言われると殆どの方は注意するのではないでしょうか?しかし、「どのように注意すればいいのか?」 「何に注意すればいいのか?」 を”方法”として具体的にしなければ、注意しようと思っても注意する事はできません。当校では、”心” と ”方法” の両面を教習では重点を置いて教習をさせて頂いております。

 

資料請求 ドライビングスクール広島 普通自動車免許 免許 普通免許 学割ドライビングスクール広島 普通自動車免許 自動車免許 ロイヤルコーポレーション 申込ドライビングスクール広島 普通自動車二輪免許 自動車免許 ロイヤルコーポレーション 申込

ページの先頭に戻る