広島で免許を取るなら、公認自動車学校 ロイヤルドライビングスクールへ

普通自動二輪

普通自動二輪とは?

「普通自動二輪」とは、総排気量400㏄以下の二輪車を指します。運転するには、普通自動二輪免許が必要となります。又、普通自動二輪免許にも ”AT限定” が創設され、細分化されています。そのため、「乗りたいバイクはあっても、どの免許を取得すればよいのか解らない」といった質問を受けることがあります。又、重量や足つきなどに不安を感じている方も、多くいらっしゃいます。ここでは、そういった普通二輪免許を取得する際の気になる部分を、徹底解説致します。

 

気になる所はコチラから

免許区分

免許の種類 排気量
~125cc ~400cc ~400cc超
普通二輪 ×
AT限定
普通二輪

免許区分は以下のようになります。

普通二輪免許を取得されると、排気量400㏄以下の普通二輪(バイク)を運転する事ができます。国内では、主に150cc、250cc、400ccの3種類に分類されており、それぞれの普通二輪(バイク)を運転する事ができます。
「AT限定普通自動二輪」免許を取得されると、”AT”の自動二輪(バイク)を運転する事ができます。(但し、MTの普通自動二輪は運転できません)

普通二輪のメリット

普通二輪免許で運転できる二輪車のメリットとして、普通二輪小型限定では通行できない、高速自動車国道、自動車専用道路(以下、高速道路)を通行できる事があげられます。高速道路を通行できるので、ロングツーリングにも出かけやすくなります。安定感も良いので、長距離の運転では小型二輪に比べて疲れにくくなります。
排気量が小型限定普通二輪に比べて大きくなるため、車両の作りも良くなり、一般道路~高速道路まで余裕のある運転ができます。

代表車種
左:CB400 右:シルバーウイング

他の二輪免許について知りたい方

バイク免許 小型二輪
バイク免許 大型二輪

基本姿勢と足つき

基本姿勢と足つきを大公開

CB 400
Silver Wing

上がMTの普通自動二輪(CB400) 下がAT限定普通自動二輪(シルバーウイング400)になります。(指導員の身長は、160cmです)

二輪免許を取得される際、教習費用以外に気になる事は「足つき」ではないでしょうか?写真をご覧いただくと、MTもATも足の付き具合は同じように見えますが、ATの方が車体がやや傾いています。これは、ATの方がシート位置が高く、足を置くボードの幅が広くなっており、車体を傾けないと足が確実に着かないためです。そのため、MTの方が足つきが良くなります。

二輪車を運転する基本的な考えとして、”人車一体”という言葉があります。まさしく、二輪車と運転者が一体となって運転する事を指します。人車一体となるためには、体の固定を下半身で行うことが重要です。普通二輪車であれば、膝・くるぶし付近で車体を挟み込んで体を固定します。AT普通二輪車であれば、腰あて(バックレスト)に腰をあてて、足で踏ん張るような形で固定しますが、MTの方が固定しやすく車体も安定します。

では、重量はどうでしょうか?

重量

車両重量 198㎏
全長 2050mm
全幅 750mm
全高 1085mm
車両重量 250㎏
全長 2285mm
全幅 770mm
全高 1430mm

二輪免許取得を思い立った時、誰しもが「バイクって重い?」という疑問を持たれると思います。それは、多くの方が「引き起こし(バイクを起こす)」に不安を感じるからだと思います。上表を見ていただくと、極端に重い訳では無い事が、お解り頂けると思います。

二輪車は決して軽くはないですが、速度が上がるにつれて安定するため重さを感じにくくなります。教習において重要な、取り回しや引き起こしも、教習の度に実線を経験する事でコツを掴み、次第にできるようになります。

ATとMTの違い

ATとMTの特徴的な部分を比較してみました。

普通自動二輪とは?|ロイヤルドライビングスクール広島

※表については、MTとATを比較した場合になります。車両によっては、変わる場合もございます。
※高速安定性、低速安定性は個人差によって変わる事もあります。ただ、概ね表の通りになる傾向が強いです。

操作については、MTの方がクラッチ操作が必要なためATに比べて複雑になります。但し、操作に慣れると気にならない方が殆どです。


二輪車は、低速走行(渋滞等)が難しいと言われています。それは、速度が若干でも速い方がバランスを取りやすくなるからです。(自転車で想像して頂けると解りやすいと思います)低速走行を行う場合、MTではクラッチ、ATではアクセルを使用します。その際、クラッチを使用した方が微妙な速度の調節は行いやすくなります。アクセルを使用した場合は、時機や量の加減が重要となります。


体の固定とは、二輪車を運転する時の基本姿勢として、手や腕など上半身の力が抜けている方が乗りやすく(安定しやすい)疲れにくいとされています。上半身の力を抜くためには、下半身で体を固定する必要があります。方法ですがMTは、ニーグリップと言って膝でタンクを締めて体を固定します。ATは、膝の位置にタンクが無いため腰をバックレストに押し当てて体を固定します。

普通二輪免許の取得に関しては、MTの方が有利であるといえます。
※個人差があります

免許取得の理由とは?

在校生の方に、普通二輪免許を取得する理由を伺ってみると・・・

普通二輪免許は、普通車の免許と違って、”必要に迫れて取得する” わけではなく。「乗ってみたい!」「友人や仲間がバイクに乗る姿を見て決心した」といった ”夢” や ”希望”が、動機になる方が多くを占めています。実際に、在校生割合も女性の方、40代後半~50代後半の方が増加中です。人生の新しい楽しみとして、普通二輪免許が注目されています。


最近では、燃料代の高騰や三密を避けて、二輪車での通勤を希望して免許を取得される方が多くなっています。通勤で利用する場合は、交通事故に注意が必要です。普通二輪で通勤される場合、時間に追われて「無理な追い越し」「すり抜け」など、危険な行為を目にする事があります。時間に追われず、ゆとりある運転を心がける事も大切です。

「普通二輪免許と小型二輪免許のどちらを取得しようか?」悩まれる方がいらっしゃいます。どちらにもメリットとデメリットがありますので、よく検討されてからの取得をオススメします。

ロイヤル広島

ロイヤルドライビングスクール広島は、昭和60年(1985年)広島県初の二輪免許専門校としてスタートしました。二輪教習に限れば県内でも長い歴史を持つ自動車学校となります。この長い歴史の中で培ってきたノウハウは、現在の指導員にも脈々と受け継がれています。それもあり、これまでにご卒業頂いた多数のお客様から、ご好評頂いております。しかし、全てのお客様にご満足して頂いているわけではございません。私共は、顧客満足度№1となれるように、教習方法、話術等を指導員間で日々、研究しております。

安全に運転して頂くために

二輪は、危険な乗り物です。それは、昔に比べて車両が高性能となった現在でも変わりありません。では、その危険な二輪車をどのようにすれば、安全に運転できるのか、安全に運転するためには、何が必要であるのか、私共は、真剣に考えて参りました。その結論が ”心” です。「安全に運転しよう」 「注意して運転しよう」 そういった運転者の気持ちが安全に運転して頂く重要なポイントであると考えております。「この道具は危険だから注意して扱って」 「この作業は危ないから注意して行うように」と、言われると殆どの方は注意するのではないでしょうか?しかし、「どのように注意すればいいのか?」 「何に注意すればいいのか?」 これらの ”ポイント” 具体的でなければ意味がありません。当校では、”心” と ”ポイント” の両面を教習では重点を置いて教習をさせて頂いております。

ロイヤルの普通自動二輪練習コースをご紹介!

教習料金はコチラ⇓

バイク免許Q&A

バイク免許Q&A

大人気!バイク免許を取ろう!

バイク免許を取ろう



資料請求 ドライビングスクール広島 普通自動車免許 免許 普通免許 学割 ドライビングスクール広島 普通自動車免許 自動車免許 ロイヤルコーポレーション 申込 ドライビングスクール広島 普通自動車二輪免許 自動車免許 ロイヤルコーポレーション 申込

ページの先頭に戻る