ロイヤルパワーアップスクール

各種助成金・教育訓練給付制度

人材開発支援助成金(建設助成金)

受講料の45~90%が返金!
日当助成として1日あたり 7,600円~10,550円

日当につきましては、出勤扱いとして講習を受講された場合に限ります。

ロイヤルパワーアップスクールでは、面倒な書類作成のお手伝いもいたします。

《 人材開発支援助成金とは 》

建設業労働者が資格を取得するために、事業主が負担した受講費用に対し、厚生労働省が一定の助成金を行う制度です。
建設労働者確保育成助成金とも呼ばれていました。
助成金を受け取ることができる建設業の資格は以下のとおりです。

  1. 建設業の登録業者であること
  2. 雇用保険に加入し、その料率が1,000分の12であること
  3. 受講する方が雇用保険の被保険者であること
  4. 中小建設事業(資本金3億円以下または従業員300人以下)であること
雇用保険被保険者数
20人以下の中小建設事業主
●受講料の75%の経費助成
●1日当たり8,550円の賃金助成
雇用保険被保険者数
21人以上の中小建設事業主
35歳未満 ●受講料の70%の経費助成
●1日当たり7,600円の賃金助成
雇用保険被保険者数
21人以上の中小建設事業主
35歳以上 ●受講料の45%の経費助成
●1日当たり7,600円の賃金助成

損益計算書、総勘定元帳などを提出し、3年先と比較し生産性の向上が認められる場合は助成額が増額します。

雇用保険被保険者数
20人以下の中小建設事業主
●受講料の90%の経費助成
●1日当たり10,550円の賃金助成
雇用保険被保険者数
21人以上の中小建設事業主
35歳未満 ●受講料の85%の経費助成
●1日当たり9,350円の賃金助成
雇用保険被保険者数
21人以上の中小建設事業主
35歳以上 ●受講料の60%の経費助成
●1日当たり9,350円の賃金助成

《 助成金対象講習科目と概算助成額 》

教育訓練給付金制度(広島校・福山校のみ対象)

受講料の20%が還付!(上限10万円)

クレーン免許などの受講料のうち、20% がハローワークから戻ってくる制度です

働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の新しい給付金制度です。
一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%に相当する額(上限10万円)をハローワーク(公共職業安定所)から支給されます。
ただし、ご利用の方はお申し込み時に必ず受付までお問い合わせ下さい。

《 教育訓練給付制度の『給付対象者』とは 》

雇用保険の被保険者又は被保険者であった者(被保険者でなくなった後1年以内に教育訓練を開始した者に限る。)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し、修了した場合であって、以下の条件に該当するときに教育訓練給付金が支給されます。

  1. 被保険者であった期間が通算して3年以上あること。(ただし、初回に限り支給要件期間1年以上でも可能です)
  2. 過去に教育訓練給付金を受けたことがある場合には、支給に係る教育訓練を開始した日から3年以上経過していること。
  3. 上記1,2を満たし、講座経費が20,005円以上の講座を受講すること。

《 教育訓練給付制度の支給対象コース 》

荷役運搬機械運転技能資格取得コース

Aコースクレーン運転士免許 + 移動式クレーン運転士免許 + 玉掛け技能講習300,589円
Dコースクレーン運転士免許109,175円
Eコース移動式クレーン運転士免許93,500円
Fコース玉掛け技能講習 + 床上操作式クレーン運転技能講習76,460円
Gコース玉掛け技能講習 + 小型移動式クレーン運転技能講習59,235円
Hコースフォークリフト運転技能講習27,540円

建設機械運転資格取得コース

1コースクレーン運転士免許 + フォークリフト運転技能講習 + 玉掛け技能講習198,745円
2コース高所作業車運転技能講習29,390円
3コース車両系建設機械運転技能講習97,430円
6-1コース小型移動式クレーン運転技能講習 + フォークリフト運転技能講習 + 玉掛け技能講習90,285円
6-2コース玉掛け技能講習 + 小型移動式クレーン運転技能講習 + フォークリフト運転技能講習86,775円

ご利用料金などくわしくはお気軽にお問い合わせください。