ロイヤルパワーアップスクール

移動式クレーン免許の取り方

【登録番号 第61号】

移動式クレーンの免許を「取得しよう」と考えても、時間や費用、試験の有無など解らないことが、多数でてくるのではないでしょうか。
ここでは、移動式クレーン運転士免許の取得方法から時間・費用など、免許取得の流れ、試験に関する事ついて御紹介致します。

移動式クレーン運転士免許は、労働安全衛生法に定められた国家資格となっており、製造工場や資材置き場での製品及び材料運搬、ビル建築、造船所で組み立て作業など幅広く用いられるため、転職などに有利な資格として注目されています。

代表的な移動式クレーン

移動式クレーンは、以下のような種類があります。

画像にもあるように、移動式クレーンとは、クレーン自体が不特定の場所に移動できるクレーンを指します。

移動式クレーン運転士免許

操作可能範囲

移動式クレーン運転士免許を取得すると、つり上げ荷重5t以上の移動式クレーンを操作できるようになります。
但し、一般道路で移動式クレーンを運転するためには、大型特殊自動車などが必要になります。加えて、フックへの荷掛け・荷外しの作業では、玉掛け技能講習修了証が必要となります。

一般道路で運転するためには、クレーンの土台部分に対応する自動車運転免許が必要になります。大型特殊自動車、大型自動車などが該当します。
クレーンのフックへ、荷物を掛けたり、外したりする作業を行う場合は、玉掛け技能講習の修了証が必要です。

免許取得方法

移動式クレーン運転士免許を取得するためには、全国7カ所に設置されている、安全衛生技術センターで行われる「学科試験」及び「実技試験」に合格しなければなりません。
実技試験については、各都道府県労働局長登録教習機関(クレーン学校、教習所)で「移動式クレーン運転実技教習」を受講して、修了試験に合格すると「実技試験」が免除になります。

ロイヤルパワーアップスクールでは自動車学校を併設しているおり、移動式クレーン運転実技教習と大型特殊免許の教習を同時に受講することが可能です。

登録教習機関を利用

登録教習機関を利用して、移動式クレーン運転士免許を取得する場合、現有免許資格に応じた時限数の学科教習と実技教習を受講します。
教習を全て修了後、修了試験に合格されると修了証明書が発行されます。

教習時間

ロイヤルパワーアップスクールでは、最短6日間で「移動式クレーン」と「大型特殊自動車」の教習修了が可能です。
更に、月曜日から開始して土曜日に修了可能です。

月曜入校~土曜修了可能

移動式クレーン運転実技教習の教習時間は、現有免許によって以下のようになります。

免除資格のない方

移動式クレーン免許 教習時間 免除なし

修了証明書と学科試験の合格通知を、労働局に郵送後、免許証が郵送されます。
※修了証は1年間有効です。有効期間内は、学科試験を何度でも受験可能です。

力学免除

クレーンデリック(クレーン限定、床上運転式クレーン限定含)・旧クレーン(床上限定式含)・旧デリック、揚貨装置運転士免許を有する方は、力学免除になります。

移動式クレーン免許 教習時間 力学免除

修了証明書と学科試験の合格通知を、労働局に郵送後、免許証が郵送されます。
※修了証は1年間有効です。有効期間内は、学科試験を何度でも受験可能です。

学科試験に合格されている方

事前に学科試験に合格されている方

修了証明書と学科試験の合格通知を、労働局に郵送後、免許証が郵送されます。

教習内容

登録教習機関での教習内容は以下の通りです。

学科教習

移動式クレーンに関する知識 3H
原動機・電気 3H
力学 4H
法令 2H

ロイヤルパワーアップスクールでは、学科教習を実施しております。

技能教習

クレーンに吊り荷を掛けた状態で、立体障害物などを避ける練習を行い、基本操作及び安全な操作方法を身に着けます。

各エリアの料金・講習日程

お申込み・お問合せ

御申込などは、下記ボタンからお願い致します。

助成金申請のお手伝い

ロイヤルパワーアップスクールでは、人材開発助成金、教育訓練給付金制度(広島・福山校)の申請に関して、お手伝いをいたしております。

人材開発支援助成金

移動式クレーン免許 人材開発助成金

人材開発支援助成金とは、建設業労働者が資格を取得するために、事業主が負担した受講費用に対して国が一定の助成を行う制度です。ロイヤルパワーアップスクールでは、助成金の申請に関するお手伝いを行っています。助成金を受け取るには、以下の資格を全て満たす事業主が対象です。

資格
・建設業の登録業者であること
・雇用保険に加入し、その料率が1,000分の12であること
・受講する方が雇用保険の被保険者であること
・中小建設事業(資本金3億円以下又は従業員300人以下)であること

教育訓練給付金制度

移動式クレーン免許 教育訓練給付金

働く人の主体的な能力開発の取組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付金制度です。
一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)又は、一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講~修了した場合、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%に相当する額(上限10万円)がハローワーク(公共職業安定所)から支給されます。
ただし、ご利用の方はお申し込み時に必ず受付までお問い合わせ下さい。

給付対象者
雇用保険の被保険者又は被保険者であった者(被保険者でなくなった後1年以内に教育訓練を開始した者に限る。)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し、修了した場合であって、以下の条件に該当するときに教育訓練給付金が支給されます。

雇用保険の被保険者又は被保険者であった者(被保険者でなくなった後1年以内に教育訓練を開始した者に限る。)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し、修了した場合であって、以下の条件に該当するときに教育訓練給付金が支給されます。

条件
・被保険者であった期間が通算して3年以上あること。(但し、初回に限り支給要件期間1年以上でも可能です。)
・過去に教育訓練給付金を受けた事がある場合には、支給に係る教育訓練を開始した日から3年以上経過していること。
・上記1、2を満たし、講座経費が20,005円以上の講座を受講すること。

学科試験

移動式クレーン免許 学科試験 合格率
※当校調べ

ロイヤルパワーアップスクールは、移動式クレーン運転士免許の学科試験において全国トップクラスの合格率を誇ります。

学科試験の内容

試験時間:2時間30分(免除者:2時間)

移動式クレーンに関する知識 10問
原動機・電気に関する知識 10問
関係法令 10問
移動式クレーンの運転のための
必要な力学に関する知識
10問

合格ライン

総得点・科目別の合格ラインは以下の通りです。

総得点 満点中60%以上の得点率
各科目別 満点中40%以上の得点率

平均合格率が4割弱とも言われているので、容易な試験ではありませんので対策を立てる事が重要です。

学科試験日程

中四国安全衛生技術センターでの学科試験日程は以下の通りです。

【令和4年】
※1月は令和5年

8月 23日
11月 2日
1月 20日

学科試験対策問題

クレーン運転士、移動式クレーン運転士免許の学科試験問題を掲載しています。
下記リンクからチャレンジしてみましょう

御申込み方法

  1. 「入校のお申込みフォーム」又はお電話にて予約をして下さい
  2. 申込書と御案内を郵送致します
  3. 申込書に必要事項をご記入の上、下記の必要なものを揃えて入校日の3日前まで(土、日、祝日を除く)に当校に提出して下さい
  4. 入校日の3日前まで(土、日、祝日を除く)に講習費用のご入金をお願いします

講習料金のお支払いは、事前に郵便局または銀行に振り込んで下さい(当校専用の郵便振込用紙を使用した場合のみ手数料は当校が負担します)

お申込み・お問い合わせ

必要書類

・ご記入いただいた御申込用紙
・教習費用
・写真3枚(縦3㎝×横2.4㎝)、1枚(縦3.6㎝×横2.4㎝)
・教習時間に免除のある方は、現有免許資格証
・本人確認証(自動車運転免許証・健康保険証 等)

お支払い方法

【郵便局での振り込み】
専用の「振込用紙」を送付致しますので、御利用下さい。

※専用の「振込用紙」の場合、手数料は当校が負担致します。

【銀行での振り込み】
お申込み時に、お振込み先を御連絡致します。

※お振込みの際の手数料は、ご負担願います。