準中型車

準中型車

準中型車について

準中型免許とは平成29年3月12日から新設された免許です。「準中型免許ってどんな車が運転できるの?」、「準中型免許では、どのサイズのトラックまで運転できるの?」と、考える方が多く未だに謎の多い免許かもしれません。
準中型自動車は、主に街中で荷物集配を行う車両に多く使用されています。
言ってみれば、トラックの入門編、プロドライバーの入り口です。準中型免許はトラック免許の仲間ですが、普通車と同じ年齢の18歳で取得できるのが特徴です。
ロイヤルドライビングスクールの使用車両は、いすゞ自動車の「エルフ」です。
車両は2台あります。

準中型自動車免許が新設された背景などを簡単にまとめてみました。

準中型免許について詳しく知りたい方はコチラ

入校資格

年齢
18歳以上 普通車以上の免許
視力
両眼で0.8以上かつ片眼で0.5以上の方。深視力の差が2㎝以内。
※眼鏡・コンタクト使用可
色別
赤・青・黄の区別ができる方。
聴力
10mの距離で、90dbの警音器が聞こえる事(補聴器により補われた聴力を含む)
交通違反
違反のある方は事前に、「安全運転センター」に免許取得が可能であるかをご確認下さい
身体障害
軽度の障害は入校できますが、予備適性審査を必要とします。

入校に必要なもの

  • 申込書
  • 免許証(免許証に登録してある8桁の暗証番号が記載してあるICレシート。ICレシートをお持ちでない方は、本籍地記載の住民票が必要です。)
  • 印鑑
  • 写真(3㎝×2.4㎝)4枚※写真は当校でも撮れます(800円)
  • 振込用紙の領収書or教習料
  • 筆記用具
  • 入校当日から乗車を開始される方は、靴(クロックス、サンダル、げた、ハイヒールでの教習は不可)
Pagetop