大型特殊自動車と大型特殊免許とは


大型特殊自動車とは、自動車の区分の中で、特殊な用途のために特殊な形状や構造をした自動車を言います。
ほとんどの大型特殊自動車は何らかの作業機を取り付けた車両となっています。
その大型特殊自動車を公道で運転して移動を行う免許が大型特殊免許の重要な役割です。
なので、大型特殊免許で作業機を使い現場での作業はできません。あくまでも、回送などで公道を移動する免許と思ってください。
大型特殊自動車には、どのような車両の種類があるのでしょうか?

・ショベルローダ(当校使用の教習車両です) ・ホイールローダ ・タイヤローラ ・ロードローラ ・フォークリフト ・ホイールクレーン etc・・

大型特殊自動車

ホイールローダ

まだまだ他にも沢山の大型特殊車両が存在します。
皆さんは、いくつの車両に出会えるでしょうか?

多くの方が大型特殊免許を取られています

大型特殊免許

近年、水田や農作地を耕すトラクターを運転する際、大型特殊免許が必要となるケースがあります。
令和元年より大型特殊の免許を取得希望の方が急増しています。
お急ぎの方は、お早めに当校へご相談下さい。

大型特殊免許の必要性

ロイヤルでは大型特殊免許の取得を応援しています

入校申込み

資料請求

大型特殊免許取得に必要な日数や教習の内容についてはコチラからチェック

大特免許の取り方

大型特殊免許取得に必要な持ち物等のご案内についてはコチラ

入校資格

合宿免許をご希望の方

合宿免許について

大型特殊免許と移動式クレーン運転士免許のセットで取りたい方はコチラ

その他、ロイヤルの詳しい説明はコチラ

ロイヤルをもっと知ってほしい

Pagetop